救    急  消 防 救 助  相楽中部消防協議会

「放火」による火災に注意!

当消防本部管内で、放火と思われる火災が数件発生しています。以下のことに注意してください。

建物周りの可燃物の管理を徹底する

  誰でもが近づける道路に面した部分に、不用品やゴミなどの可燃物を放置しない。

  燃えやすい不用品や古新聞などは、整理整頓して施錠された物置等へ保管する。

  郵便受けなどに新聞やチラシ類を溜めない。

  ゴミ出しのルールを遵守し、なるべく夜間道路上に長時間ゴミ類を放置しない。

敷地内の出入り口の施錠を徹底する

  門扉、通用口、車庫、物置などのドアは必ず施錠する。

外部から近づきやすい所に燃えやすい物を放置しない

  悪質な放火行為の場合、ドアや窓から火のついた紙などを投げ入れることもある。
燃えやすい古新聞や紙類などを玄関近くなどに溜め込まない。

住宅内の施錠を徹底する

  就寝時や外出時には、必ず玄関や窓の施錠をする。

  長期外出時には、隣近所に声をかけて協力を依頼する。

誰でもが近づける場所に燃えやすい物を保管しない

  シャッターのないガレージの片隅に、古新聞・古雑誌などの燃えやすい物を大量に
保管しない。

車庫や倉庫の施錠を徹底する

  生活用品、紙製品、プラスチック類などの可燃物を保管する敷地内の倉庫(物置)
は、必ず施錠する。

設備による監視性を確保する

  夜間用照明機器などを設置して、不審者が近づきにくい環境をつくる。





ホームへ 警防課トップへ ページトップへ

Souraku Chubu Fire Department