救    急  消 防 救 助  相楽中部消防協議会

「たばこ」による火災に注意!

全国的に、たばこが原因の火災が発生しています。

火災原因概要

 火災の原因は、住宅の居室内で、家人が外出した後に出火し、室内の天井と内壁及び家財

などの収容物が焼損した建物火災で、隣人が発見し119番通報しました。なお、死傷者は発

生していません。

 焼損状況と関係者の聞き込み状況から@家人が外出前に火の始末が不十分なたばこの吸

殻をゴミ箱に捨てていること。Aゴミ箱を起点とした焼損状況であること。B他の火災原因と考

えられるものが否定されることから、たばこから火災が発生したと推定しました。

  【たばこによる火災の主な着火物】

  ○「布団、座布団、寝具類」

  ○集積場所に集められた「ごみ類」

  室内の床等にあった「ごみ屑」

  の順になっています。

   このことから、寝たばこや火を完全に消さず

  にゴミ箱などに捨ててしまったために、火災に

  なったと考えられます。

   寝たばこによる火災で布団などに着火して火

  災になった場合は、死傷につながる可能性が

  高くなり、特に、飲酒をしている場合は、気付く

  のが遅れ、さらに危険性が増すものと考えられ

  ます。

 
焼失したゴミ箱と同じものを置いて撮影しました。

   【たばこによる火災を防ぐために】

   寝たばこは危険です。絶対にやめましょう。

   たばこは決められた場所で吸うようにしましょう。

   歩きながらの喫煙や、ポイ捨ては絶対にやめましょう。

   吸殻はこまめに掃除するようにしましょう。

 ○  灰皿の中には水を入れておき、周りには燃えやすいものを置かないようにしましょう。

   吸い終わったら、火を完全に消すようにしましょう。

   吸殻を捨てる時は、一度水にさらすなどして完全に火が消えたことを確認してから捨

るようにしましょう。

   火災の早期発見のために「住宅用火災警報器」を設置しましょう。



ホームへ 警防課トップへ ページトップへ

Souraku Chubu Fire Department