防火基準適合表示制度

「防火基準適合表示制度」は、宿泊客の安心・安全に対する信頼を獲得するための制度です。

平成24年5月に広島県福山市で発生したホテル火災(死者7名及び負傷者3名)を受け、消防法令等の防火基準に適合している建物の情報を利用者に提供することを目的としています。
この制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等の基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。

相楽中部消防組合消防本部では、平成26年度から旅館・ホテル等の関係者の申請に基づいて消防機関が審査を実施し、消防法令及び防火上重要な建築構造等について基準に適合していると認められた建物に対し「表示マーク」を交付する制度が発足しました。現在、相楽中部消防組合消防本部のホームページでは、宿泊者に対する安全情報として、表示マークを交付した宿泊施設を公開しています。

表示マーク交付対象物一覧表

現在、該当する交付対象はありません。