相楽中部消防組合消防本部
平成29年度 
  全国統一防火標語 
 「火の用心 ことばを形に 習慣に
  危険物安全週間推進標語
 あなたなら 無事故の着地 決められる!


エンブレムが新しくなりました!

 制服(左) 当管内には希少生物であるオオタカが生息しています。目が非常によく、また鳥言葉では『不屈の精神』を表しています。そして、盾には『守る』という意味があります。 このエンブレムでは、オオタカを中央に配してその後ろに当管内の地図を描き、エンブレムの形を盾型にすることで、『オオタカのように優れた目をもって管内全域を見守り、どんな災害にも不屈の精神をもって住民の生命、身体及び財産を守る』という意味を込めています。 また、本部き章を支える月桂樹に咲く花は、当本部を支えて頂いている木津川市、和束町、笠置町、南山城村を表しています。

活動服(中央)  制服用エンブレムで使用しているオオタカに躍動感を加え、活動隊らしさを表現しています。 また、赤色は勇気を表す色とも言われており、背面を赤色にすることで、『炎に臆しない勇気を持つ』という意味を込めています。

救助服(右)  活動服用とは別の動きをしているオオタカをデザインしています。 また、黒色は意思の強さを表す色とも言われており、背面を黒色にすることで、『救助器具を使いこなし絶対に助け出す』という意味を込めています。

木津西出張所の消防車が新しくなりました

 C(cobpressed)A(air)F(foam)S(system)  略して「CAFS」、圧縮空気泡消火装置のことです。
 泡を放射し消火するシステムで、少量の水で高い消火効率があります。
 CAFSを搭載した消防車が中部消防署・山城出張所・東部出張所及び和束出張所に加え、木津西出張所にも配備されました。 


古い消火器の処分について
「天ぷら油」による火災に注意! 
 天ぷら油が発火して火災になった事件が多発しています。天ぷらや揚げ物をしているときに、来客や電話等でその場を離れたとき等、ちょっとした油断が原因で発生しています。
 また、適切でない消火手段をとったため被害を拡大させたり、負傷される事案が発生してます

‘あなたの心掛けひとつで火災は予防できます。’
詳しくは、天ぷら油火災詳細へ


149564

相楽中部消防組合消防本部
〒619−0214 京都府木津川市木津白口10番地2 
本部代表 0774−72−2119 
総務課 0774−75−1380 予防課 0774−75−1381
警防課 0774−75−1382 消防課 0774ー75−1383
FAX 0774−73−8199  
災害情報案内 0774−72−9900 
更新情報等を下記に掲載又は、クリックで新しいウィンドウで詳細表示します。
平成30年1月31日現在の災害状況






平成30年
火災 3件
救急 379件
救助 1件
その他 5件
119番着信 578件
  ご覧頂いたページが表示されない場合は、下記ボタンをクリックし、ガイドにしたがって 「Flash Player」をダウンロード ・インストールして下さい。
                                               クリックでFlash Playarダウンロード・インストール出来ます。

相楽中部消防組合消防本部公式ホームページについて


Souraku Chubu Fire Department  

top